« TY250整備中。その8 | トップページ | 替刃ノコの刃はこう使えば・その1 »

2008年1月23日 (水)

√2

 仕事が忙しくて、バイクをイジれないので排気量についての一考察してみました。

 チョット前まで中学生だったハーシー少年は、算術の時間に√なる物を教わり、『これはテストをめんどくさくする為に誰かが考えたに違いない』と思ったものでした。しかしこの√がオートバイの排気量に関係があるとは・・・・・

 チョット前まで175ccやら350ccやらカブの90やら85ccなんて微妙に半端な感じの排気量ってありましたよね。これってどっから来たんだろ?

 最初のバイクのエンジンって多分流用エンジンだったと思うんです。発電機とか無線機用とか、軍用車用の多気筒エンジンのシリンダーだけ1本か二本だけ借りたりして何となく作ったと思うんです。『ホンダは確か無線機用のを最初使ったような話を聞いた記憶がありますよ。』

 その中に多分500ccや125ccってあったと思うんです。『これ私のイメージですよ。』

数字を倍にしたり半分にしたりする方法は単純に2を掛けるまた2で割る他に、√2を二回掛けるまたは√で二回割るという方法があります。

ためしに500ccを基準にしてみると・・・

 500÷√2=約350 もしかしてこれが400になっていったのかも?
 350÷√2=約250
 250÷√2=約175 このあたりが200になり225や230になったのかな?
 175÷√2=約125
 125÷√2=約88
 また

 500×√2=約700 アメリカ向けのモデルに700ってありますよね。
 700×√2=約1000

オオーなんか見た事ある数字が出てくるではないですか。

 多分最初は単気筒だったものを単純に多気筒にしたり、また排気量はそのままで多気筒化というアプローチもあったのではと推測できます。

 そうしてボア×ストロークを増したり、やれ3気筒にしたりして現在のバリエーションが出来たんだろうな~

 と色々考えると400って特殊な感じがするな~。なんか輸入車に対向して国内産業を保護するとか色んな政治的事情によって出来たって感じがしてくるね。 あと50ccってどっから数字持ってきたんだろ? 

 ここいらの話ってメーカーの人はすごく詳しいんでしょうね。

 詳しい人これを見ていたら、教えてちょうだいな。

*注意1:この記事は筆者の推測、憶測、妄想で出来ています。当たってる所も有るかもしれませんが、多分間違いもかなりありそうです。丸々信用しないように御気お付け下さい。

|

« TY250整備中。その8 | トップページ | 替刃ノコの刃はこう使えば・その1 »

オートバイよもやま話」カテゴリの記事

コメント

√2(1.414213562)は関係ないような気が…
単気筒のエンジンのピストン使って2気筒、4気筒作ったから2倍4倍の排気量がうまれ
そこで排気量の規格が出来
それに合うエンジンが次々と出てきたのでは…
なんて勝手に解釈してます

投稿: yoshi | 2008年1月24日 (木) 01時40分

yoshiさん>思いついた時は、『これしかない!』と思ったんだけどナー。そういえば多気筒化に熱心だった時代があったかも・・・

投稿: ハーシー | 2008年1月24日 (木) 23時47分

とても難しくてコメントできないんですけど・・・
頭悪くて・・・すんまそん(T_T)

投稿: 世路乗田 | 2008年1月25日 (金) 07時50分

世路乗田さん>私も計算は、計算機にしてもらいました。この手の話を特集している雑誌なんかあったら見てみたいものです。ハイ

投稿: ハーシー | 2008年1月25日 (金) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453460/9780419

この記事へのトラックバック一覧です: √2:

« TY250整備中。その8 | トップページ | 替刃ノコの刃はこう使えば・その1 »