« TY250整備中。その6 | トップページ | 組み立てホイールについて »

2008年1月16日 (水)

1月17日

 もう何年前だったっけ・・・・・1月17日、私はなぜか大阪にいました。

 明け方でした。今まで感じたことのない揺れ・・・時間もかなり長かったような気がするな。揺れも強くなったり、収まりかけたりしてたっけ。

 兵庫方面の惨事を知ったのは、ラジオからでした。

今でも忘れられないのは、交通が分断されたために大阪から兵庫方面に向かうために大量のスクーターが売れた事。前後に大きなカゴをつけて・・・みなペットボトルの飲料をそのカゴに入れて運んでいました。

もう一つが、落ち着いてから神戸の町を見る機会が有ったのですがもうTVで映る戦争で破壊された町そのもので・・・ いたる所に瓦礫がうずたかく積まれていました。もう 見た瞬間、まばたき出来ませんでした。

 災害は忘れた頃になんとやら・・ですが、オートバイとライダーには災害に対して力があることを覚えておくときっと役にたつ事とおもいます。ハイ  

|

« TY250整備中。その6 | トップページ | 組み立てホイールについて »

其の他」カテゴリの記事

コメント

災害時に役立つのが二輪、とくにオフロードバイクですよね!
災害に備えて常備薬や非常食そしてオフ車は常備しておかなければいけないですね
でも、いざというときのために特訓しなきゃだめですね!
漢押しとか…

投稿: yoshi | 2008年1月17日 (木) 03時44分

yoshiさん>その通りです。家庭に一台オフロード・・いや一台と言わず、2台・3台と・・・そして漢押しの他にも『小雨降る中、川渡り』なんかの練習もした方がいいでしょう。
 ここはやはり災害時の備えとしてライダーが絶滅しないように保護し、また技能向上のため各地にオフロードコースを作ってもらうってのはどうでしょう。
 でもオフ車が活躍したのはホントーですよ。
 

投稿: ハーシー | 2008年1月17日 (木) 23時33分

あの日あの時…ワタシは和歌山は橋本市でガクセーしてました…後期試験初日で。一応卒業試験であったので、愛車XL250Sで登校したのを覚えています。学校はとある「お山」のてっぺんにあったので、道が山道なんですが…崩れてたのを思い出しました。その後数日…テレビの前を離れられず…ニュースを見て(エラいことになった)と泣いていました。なぜかアレは思い出すと今でも涙が…こぼれます。

あの頃…どっかのバイク屋に…居たんですねぇw
思わぬニアミスでしたネwww

投稿: Angie | 2008年4月19日 (土) 00時06分

anjieさん>
そうだね~人の出会いとは不思議なもんですね。

自分も泣きやすくなったね。
いろんな事件や事故で簡単に死者何名、行方不明者何名なんてニュースで言ってるけどその一人ひとりに家族友人がいたことを想像するとね。
よくわからない怒りとともに、なぜか泣けてきたりしますね。

投稿: ハーシー | 2008年4月19日 (土) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453460/9920678

この記事へのトラックバック一覧です: 1月17日:

« TY250整備中。その6 | トップページ | 組み立てホイールについて »