« 一日早いが体育の日 | トップページ | 旅する男 »

2008年10月19日 (日)

最強生物くまむし

低温にも高温にも耐え、激しい乾燥にも耐え、はたまた真空や放射線にも耐えるらしい生物・・・それがクマムシ。

『へんな生き物』(早川いくを著)という本がありまして、その中で紹介されています。世の中イロイロ凄い奴らがいるもんですね。

098

この『へんな生き物』去年買った本なんですが、今日自宅に帰ったらこんな本がありました。

099

たぶん日本では最初の本格的クマムシ本の『クマムシ?!小さな怪物』(鈴木忠著)です。

『へんな生き物』もそうですが、生き物に対する純粋な好奇心と愛情のような物さえ感じられる楽しい本です。

興味のある方は岩波科学ライブラリー122ですのでぜひお手にとって見てくださいな。

好奇心ってすばらしいですな。

|

« 一日早いが体育の日 | トップページ | 旅する男 »

理科的なお部屋」カテゴリの記事

コメント

見た目凄いんですけど、確かかなり小さい生き物なんですよね?

やはり大きいとエネルギーのロス大きいですしね・・・。

投稿: れっどしふと | 2008年10月19日 (日) 21時36分

「へんな生き物」、バカ売れしまもんね。
最初「幻想文学系じゃない?」(「鼻行類」的かと)と思っていたんですけど、意外とそこそこ生物系。

同じような(?)傾向の本で、「フューチャー・イズ・ワールド」ってのがあるんですが、こちらもまたオススメです。
全く有り得ない生物が続々登場しますからcoldsweats01

でも、何かこういうのを読んでいると、「悪の秘密結社って、やっぱすげぇ発想力」とか思いますねぇcoldsweats01

投稿: みう蔵 | 2008年10月20日 (月) 17時09分

れっどしふとさん>クマムシは人間生活とは全く関係ない生活をしているようです。

その小規模で省エネな生き方・・・見習いたいもんです。

みう蔵さん>みう蔵さんからはコメントが来るだろうと思っていました。(笑)

フューチャーイズワールドも見たこと有りますよ。実在する頃には人間はいないらしいですな。

悪の秘密結社に限らずメードインジャパンの発想力は凄いよね。特に悪役の方が秀逸なのが多い気がします。

きっと生物の図鑑を見ながら考えるんだろうなぁ~

投稿: ハーシー | 2008年10月20日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453460/24610294

この記事へのトラックバック一覧です: 最強生物くまむし:

« 一日早いが体育の日 | トップページ | 旅する男 »