« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

ヤンマーYSR60S

エンジン掛かりません。掛かってもオーガー回りません。ということで入庫したYSR60S

Img_1552

それ程サビも酷くなくまあまあな状態に見えます。

Img_1557


オーガーのベルトは切れていました。まあそうだろうなぁ~と言う感じ。

走行ベルトも痛んでいたので合わせて発注です。

キャブレターをOHしてプラグを交換します。

エンジンオイルも交換5W-30が指定です。

Img_1560


フリクション関係を点検します。特に痛みも無く無問題でした。立てたついでにオーガーギアオイルも抜いて交換。

大体の場合このフリクションディスクの接触がケーブルが伸びて接触しっぱなしになってるので調整します。クラッチを切ったときに離れるようにします。適正に調整されると変速レバーが軽くなり操作がとてもしやすくなりますし押し歩きが簡単になります。

ベルト入荷後あちこち給油してベルトガイドやクローラーの張りなんかも調整して完成です。

自分の場合はきりが無いのであまり塗装はしません。

バッテリーは交換時期のようです。

バッテリーについては安い物からGSユアサなどのものまで5000~15000ほどします。安い物を買って1~2年で交換ってのも有りだなと思います。ここら当りは次のオーナーさんに選んでもらうのが良いかと思います。

Img_1611


快調です。

備忘録

ベルト SA33

     SB28

プラグ B4-H

バッテリー YB18L-A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

シート張替え

マイファーストバイクのXLR250R

シートがビリビリで不愉快な感じになって長いこと経ちます。

Dscf0730


これをい某激安汎用シートカバーに張替えます。

マッドマックス社製シート表皮¥2740税別・・・・安っ

少し・・・・いやかなり硬い。寒さのせいかほとんど伸びませんね。

Dscf0068


皺っちまったよwww

黒の単色ですがサイドの皮にポツポツ付いてたりして中々じゃないですかw

Dscf0067


お値段を考えたらこのクオリティ合格ですなw

これで跨るだけでけつがジワジワになるのが解消されます。

耐久性については今後に期待しましょう。

今年はこいつになるべく乗りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤナセ8-10FS2備忘録

ヤナセ8-10FS2の備忘録

ベルトSB37、SA36どっちが走行でオーガーだか忘れました。

バッテリー34A19L

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

ヤナセ8-10FS2

冬も終盤な感じのこのごろですが除雪機ネタ

Img_1528


ヤナセの10馬力8-10FS2です。

リコイルの紐が無くさらにセル回すとガラガラ音がしますと言う事で不動、動作一切不明な状態で入ってきました。

全体的にサビは少なめなので復活したらまだまだ使用可能でしょう。

Img_1529


紐ないですww

Img_1531


オーガーの歯は磨耗気味。おそらく舗装された駐車場などを除雪していたんじゃないかと予想。

早速分解

Img_1540


ww

ピニオンのギヤが無いです。このB&S製エンジンお国柄と言うかなんというかこのギアプラスチックなんですよね。

ヤナセは問い合わせるとメールで当該部分のパーツリスト送ってくれます。それを参考に部品注文します。

Img_1547


取り外して交換。

どうやらセルスイッチをチョン押しするとこうなるらしい。セル回すならガーーーっと行けってことらしい。

Img_1549_2


復活。

サビも少なくエンジンの調子も良いです。

Img_1568


フリクションを点検。まあ年式なりでしょう。まだ走行不良にはおちいってません。

ヤナセはコイツが高いんだよなーーー

Img_1538


どうせリコイルなんぞ使わんだろうって事で撤去。

Img_1588_2

キャブにアクセスしやすいようにエンジンカバーを一部切り取ります。これにより始動時にスターティングフルードなんかが使いやすくなります。

各部注油して試運転。ウルセェwwただ流石の10PSぶっ飛びます。

ヤナセのこのタイプはオーガーの上下をフリーにして使えば不整地や深い雪でも難なくこなします。

この機種は家庭用よりはヘビー、業務用よりはライトって立ち位置ですかね。

油脂類を交換して完成しました。

これのためにインチ工具を買ってしまったよww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »