« クボタKSR8 | トップページ | イセキFSR550SB »

2017年2月 5日 (日)

HS55 二号機

Img_0165


HS55二号機です。

エンジン不動なのでいつもの工程で掛かるようにする。

オーガーギヤオイル類を交換しながら底板を外す。

フリクションのシャフトから茶色いサビが出てます。どうやらミッションを開けないとならないようです。

Img_0176


写真撮影に耐えない状態でしたので一応キレイにしました。

タイマー付きのベアリングですね。メーカーの戦略が見える部分です。

Img_0178


ミッションのベアリング全部交換しました。もちろんタイマー解除w

駆動輪のギヤのシャフトとの結合部がフレームから外にでますがシールなど全くありません。これで長期間動いているから不思議w

いっそのことスプロケとチェーンでオープンにしたほうがいいんじゃないか?と思いました。減速が間に合わないかもしれませんが・・・

オーガーの方は問題なし。

売却に当りオーガーと走行のベルト交換しました。

番手忘れましたがオーガーギヤにドレン無いタイプとはベルトの長さが違ってました。

この機種はバンドーのベルトの方がよいようです。三ツ星とバンドーでベルトの高さがチョット違うのが原因のようです。

快調です。珍しく手間掛けたのでしばらく大丈夫でしょう。

部品さえあればまだまだ現役でいけますね。

若いもんには負けねえよ・・との声がきこえそうですww

|

« クボタKSR8 | トップページ | イセキFSR550SB »

除雪機やエンジン付きイロイロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453460/69258034

この記事へのトラックバック一覧です: HS55 二号機:

« クボタKSR8 | トップページ | イセキFSR550SB »