« 2017年1月 | トップページ

2017年2月

2017年2月 5日 (日)

イセキFSR550SB

Dscf0504


井関です。こないだのクボタと同じフジイ製です。

確かエンジンは掛かったと思いますがカギを紛失w

Dscf0482


調べます。汎用のスイッチでもつけてやろうかとおもいましたが5端子

三本は通常のイグニッションとバッテリーへの充電回路。残り二本はオンで切れる。オフでつながるエンジンストップスイッチ。

アーーーめんどくさいなーと思っていたらあっさりカギが見つかる。

解決ww

念のためにキャブレターは清掃。で、なぜかバッテリーはビンビンだぜw

エンジンはカワサキのFG200

自宅のYSR5Zにも乗っかってますが静かで粘りのある良エンジンだと思う。

Dscf0487


裏をめくってみたら状態が良い

バイクメーカーとの違い内部に余裕がある。その割りに部品がごつめで太めで鋳物多用。丈夫なはずだよ。

Dscf0496

この機種は走行ベルトは張りっぱなし。フリクションで断続する。ベルト的にはこの方が楽だろう。

Dscf0495

オーガーのセンターベアリングがガタガタなので交換。

御他聞に漏れず取れないw

Dscf0500


色々駆使して取る。

ここら当りは経験値が物を言う。基本的には交換できなければ使えないからぶっ壊れてたとしても一緒と思いながら壊したら困るところは壊さないように手加減するという感じである。

Dscf0527

アクセルワイヤーがテキトーな感じになってたのでキレイに作り直して完成。快調である。

お客さんはせっかくだからと言った感じで買ってくれたのだが引渡し時に一時的であるが妙な音がプーリー周りから出ていたのが心配である。

今更考えても遅いのですべて忘れることにしよう。

ハイ解決w




| | コメント (0) | トラックバック (0)

HS55 二号機

Img_0165


HS55二号機です。

エンジン不動なのでいつもの工程で掛かるようにする。

オーガーギヤオイル類を交換しながら底板を外す。

フリクションのシャフトから茶色いサビが出てます。どうやらミッションを開けないとならないようです。

Img_0176


写真撮影に耐えない状態でしたので一応キレイにしました。

タイマー付きのベアリングですね。メーカーの戦略が見える部分です。

Img_0178


ミッションのベアリング全部交換しました。もちろんタイマー解除w

駆動輪のギヤのシャフトとの結合部がフレームから外にでますがシールなど全くありません。これで長期間動いているから不思議w

いっそのことスプロケとチェーンでオープンにしたほうがいいんじゃないか?と思いました。減速が間に合わないかもしれませんが・・・

オーガーの方は問題なし。

売却に当りオーガーと走行のベルト交換しました。

番手忘れましたがオーガーギヤにドレン無いタイプとはベルトの長さが違ってました。

この機種はバンドーのベルトの方がよいようです。三ツ星とバンドーでベルトの高さがチョット違うのが原因のようです。

快調です。珍しく手間掛けたのでしばらく大丈夫でしょう。

部品さえあればまだまだ現役でいけますね。

若いもんには負けねえよ・・との声がきこえそうですww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ