理科的なお部屋

2015年6月 1日 (月)

誠文堂新光社

少年時代に理科好きだった筆者でありますが大人になってもこの傾向は治りませんww嫁の人も理科好きだったようです。

少々前のことですが人の親となった今w親の趣味で学研の科学を与えておりました。

 

小子化の影響か学研の学習と科学は無くなってしまいがっくりしてました。

 

科学の中に高橋陽子さんという漫画家さんの漫画が載っていてこれが面白くて毎回楽しみにしてました。たしか『やってみました』って漫画だったと思います。

 

科学の無くなった今・・・理科魂の火は消えるかと思ったら消えることなくww今はこれを子供の目を盗みチョロ読みしています。

Koka_2


そう誠文堂新光社の子供の科学

誠文堂新光社といえばペットやクラフト、その他変わった入門的専門書の出版社

筆者的には『初歩のラジオ』を毎月購読していました。

初歩のラジオ面白かったな。当時はアナログ感満載で電子工作に熱中してました。

他にも『ラジオの製作』も買ってましたw

こっちはややデジタル色が強くてワンボードマイコンなどの記事が載ってましたね。

トランジスタ技術って本もありましたが当時少年だった自分には敷居が高くて何のことかさっぱりわからんって感じでしたね。

イメージでは

初ラ→アナログ、基盤に半田付け

ラ製→デジアナ変換しちゃうぜ。ワイヤーツイスターなんかも使っちゃうぜw配線やや多め

トラ技→オラオラ16ビットだぜ。マトリックスで配線ドッチャリww

ですかねww

当時は青森県の八戸というところに住んでいてそこの本八戸って駅の近くに電技パーツって店があって懐かしのIC555やら1877(377)とかTrやらR、C、Z80Aとかメモリや85なんだっけ入出力用ICなどがそろっていて良く行っていました。トランジスターは2SHシリーズなども置いてあって中々な品揃えでした。真空管もあったかな?店にデッカイスピーカーが置いてあってそれを真空管アンプで駆動してましたね。

チョット脱線しましたねww

話もどってこの子供の科学ですがノーベル賞受賞者のインタビューが載ってたり最新の研究内容が載ってたり、かと思うと数学の難問が紹介されて解いたらノーベル賞もらえるぜぃとアジられてたりww初歩的な物理の実験が紹介されてたりと盛りだくさん。

大人が見ても面白いです。

たぶんですけどw

中に掲載されてる広告も秋月電子や千石電商なんかがいまだに広告だしててニヤニヤしてしまいます。ww

まとまりませんが、理科は面白いな~~~って話でした。

注:誠文堂新光社からは何ももらっていませんwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

最強生物くまむし

低温にも高温にも耐え、激しい乾燥にも耐え、はたまた真空や放射線にも耐えるらしい生物・・・それがクマムシ。

『へんな生き物』(早川いくを著)という本がありまして、その中で紹介されています。世の中イロイロ凄い奴らがいるもんですね。

098

この『へんな生き物』去年買った本なんですが、今日自宅に帰ったらこんな本がありました。

099

たぶん日本では最初の本格的クマムシ本の『クマムシ?!小さな怪物』(鈴木忠著)です。

『へんな生き物』もそうですが、生き物に対する純粋な好奇心と愛情のような物さえ感じられる楽しい本です。

興味のある方は岩波科学ライブラリー122ですのでぜひお手にとって見てくださいな。

好奇心ってすばらしいですな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

ノーベル賞でノーベル笑

職場では日中AMラジオを聴いています。

局はHBCラジオです。

昼のカーナビラジオ午後一番でノーベル賞の受賞者の事が話題となってました。

このカーナビラジオ・・メインがヤスという男でして解らんことは解んないといういまどき珍しい素直な男です。

くらげの緑色発光たんぱく質についてどっかの偉い先生に解説をしてもらうというコーナーで・・・

先生:『・・・という事でこの緑色発光タンパク質がですね・・・』

ヤス:『先生・・・ミドリに光るのはクラゲがビリビリするのと関係あるんですか?』

先生:『イヤ・・ビリビリとは関係ないかな・・・』

先生は少し困った声を出していましたが、正直なところ自分もチョット思ってました。ビリビリの事。

普通は中々聞きにくい事だと思うんですが、よく聞いてくれたヤス・・エライぞ。

またこの先生は、細胞の移動について研究しているそうで、そのことについて

ヤス:『先生は何の研究をしているんですか?』

先生:『細胞の移動について、どう動いているかの研究です。』

ヤス:『先生・・細胞が動くのは、生きてるからじゃないですか?

先生:『いや、・・・・どうやって動いていくかの研究でして・・』

ヤッさん・・・最高だよ。俺も生きてるからじゃない?と思ったもん。

先生と電話が切れた後には、『昨日の素粒子よりはわかったきがする。・・でも先生の研究は理解できませんでした。・・やっぱり先生って凄いんだね。』

ヤッさん・・・マジ最高だ。

言ったら笑われそうだから言わないけど、けっこう同じ事思ってる人が多い気がするぞ。

それを言っちゃうヤッさん・・先生と同じくらい凄いと思うですぞ。

注意:会話の内容は、こんな感じだった程度ですので、まったく同じではないです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

新カテゴリー追加

 私ハーシーは、理科的なものがけっこうすきなのだ。

そこで、理科的な話題を取り上げてみようーーー

記念すべき理科的なお部屋の話題第一号は『スイヘイリイべーボクノオフネ』です。

元素の長周期表の元素の並びですな。化学の時間に習ったはずですな。

ちなみにH(スイ)He(ヘイ)Li(リイ)Be(べー)B(ボ)C(ク)N(ノ)O(オ)F(フ)Ne(ネ)・・となりますな。

私が大阪府にいた頃に大阪のラジオで聴いた話。

はがきの内容は?

大阪の化学の教師が生徒に向かい『オイおまえら、スイヘイリべー・・・っておもろいか?・・・俺はおもろない・・・おまえらなんかおもろいやつ考えて来い。おもろかったらテストで100点やったる。』と宿題だしたそうな

翌日ある女生徒が考えてきた答えがこれ・・・

『えっちで変態の理科の先生の弁当のおかずはバーちゃんの手作り、黒豆、海苔に、おくら、ふき、寝ないで作った・・』

解説しますと・・・

H(エッチで)He(変態の)Li(理科の先生の)Be(弁当のおかずは)B(バーちゃんの手作り)C(黒豆)N(海苔に)O(オクラ)F(ふき)Ne(寝ないで作った・・)

10年以上前に聞いた話ですが、面白かったのでいまだに覚えてます。

細かい所はまちがえてるかもしれませんが・・・

どのあたりが理科的なのかよく解りませんが・・つまんなかったらスルーでお願します。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)