除雪機やエンジン付きイロイロ

2017年2月 5日 (日)

イセキFSR550SB

Dscf0504


井関です。こないだのクボタと同じフジイ製です。

確かエンジンは掛かったと思いますがカギを紛失w

Dscf0482


調べます。汎用のスイッチでもつけてやろうかとおもいましたが5端子

三本は通常のイグニッションとバッテリーへの充電回路。残り二本はオンで切れる。オフでつながるエンジンストップスイッチ。

アーーーめんどくさいなーと思っていたらあっさりカギが見つかる。

解決ww

念のためにキャブレターは清掃。で、なぜかバッテリーはビンビンだぜw

エンジンはカワサキのFG200

自宅のYSR5Zにも乗っかってますが静かで粘りのある良エンジンだと思う。

Dscf0487


裏をめくってみたら状態が良い

バイクメーカーとの違い内部に余裕がある。その割りに部品がごつめで太めで鋳物多用。丈夫なはずだよ。

Dscf0496

この機種は走行ベルトは張りっぱなし。フリクションで断続する。ベルト的にはこの方が楽だろう。

Dscf0495

オーガーのセンターベアリングがガタガタなので交換。

御他聞に漏れず取れないw

Dscf0500


色々駆使して取る。

ここら当りは経験値が物を言う。基本的には交換できなければ使えないからぶっ壊れてたとしても一緒と思いながら壊したら困るところは壊さないように手加減するという感じである。

Dscf0527

アクセルワイヤーがテキトーな感じになってたのでキレイに作り直して完成。快調である。

お客さんはせっかくだからと言った感じで買ってくれたのだが引渡し時に一時的であるが妙な音がプーリー周りから出ていたのが心配である。

今更考えても遅いのですべて忘れることにしよう。

ハイ解決w




| | コメント (0) | トラックバック (0)

HS55 二号機

Img_0165


HS55二号機です。

エンジン不動なのでいつもの工程で掛かるようにする。

オーガーギヤオイル類を交換しながら底板を外す。

フリクションのシャフトから茶色いサビが出てます。どうやらミッションを開けないとならないようです。

Img_0176


写真撮影に耐えない状態でしたので一応キレイにしました。

タイマー付きのベアリングですね。メーカーの戦略が見える部分です。

Img_0178


ミッションのベアリング全部交換しました。もちろんタイマー解除w

駆動輪のギヤのシャフトとの結合部がフレームから外にでますがシールなど全くありません。これで長期間動いているから不思議w

いっそのことスプロケとチェーンでオープンにしたほうがいいんじゃないか?と思いました。減速が間に合わないかもしれませんが・・・

オーガーの方は問題なし。

売却に当りオーガーと走行のベルト交換しました。

番手忘れましたがオーガーギヤにドレン無いタイプとはベルトの長さが違ってました。

この機種はバンドーのベルトの方がよいようです。三ツ星とバンドーでベルトの高さがチョット違うのが原因のようです。

快調です。珍しく手間掛けたのでしばらく大丈夫でしょう。

部品さえあればまだまだ現役でいけますね。

若いもんには負けねえよ・・との声がきこえそうですww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

クボタKSR8

Dscf0439

クボタKSR8です。

これも不動。

フジイのOEMのようです。

例によってキャブレターを洗浄することによりあっさりエンジンは始動w

Dscf0442


ガバナーのアームからキャブにつながる連結バーがやや外し難い。割締めでつかんでる。

動くようになったところで軽く動作チェック。オーガーはレバー走行はハンドルを握る。握らなくてもオーガーまわしっぱなしに出来るので楽チン。でも走行は現代感覚。サイズ的にも使いやすいですね。

同クラスの他メーカーの物よりも走行系のシャフトが太い。これはタフそうだ。

事実フリクション関係含めまったくなんとも無い。

オイル交換して各部給油して完成です。

Dscf0446


ちょっと汚れているが上下のペダルも良い節度感。

Dscf0449


バッテリーはヤンマーと違い30A19Lというやつ。端子がネジ式の物でホームセンターなどで簡単に手に入るし安い。ここもナイスポイントですね。

Dscf0454


カギだけ違うの付いてた。オンでも抜けちゃう。カギっぽければなんでも良いようだ。難点はほぼココだけ。

Securedownload1


快調。

フジイ製除雪機気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

YSR60S

Dscf0410

パッと見た感じ程度の良いYSR6S

でも不動です。

キャブレターを洗浄することでエンジンはすぐ掛かります。産業エンジンのタフさには本当に呆れるww

Dscf0414

オーガーケースに穴開いてます。左右ともスキッドが無くそこに穴が・・・・

時間あるときならオーガーケース探して交換しちゃうけど面倒なのでこのままにします。

Dscf0420

クローラー引きが曲がっちゃってます。

Img_0143

ボルト部分を切り離しプレートを焙りながらまっすぐ伸ばしてから新しいボルトを溶接します。

油脂類とプラグは一応交換。

割と調子が良いもののオーガーケースの事もあるので格安で人手に渡りました。

バッテリーは死んでますがそのまま新しいオーナーさんに渡ることになりました。

どうやら工夫しながら使う人のようでよかったです。。

運がいいだけかもしれませんがヤンマーYSR60は各部ベアリングが生きてることか多くて手間が掛からないから楽で好きです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

ホンダHS55

Dscf0475

割と程度よさそうなHS55

でも不動w

まずリコイルの紐切れていて無いので紐巻きなおします。5mmくらいで大丈夫そう。

そしてエンジンはキャブ清掃ですぐ掛かります。このエンジン排気量が5PSの割りに小さくそのためかリコイルがとても軽くかかりもいいです。苦になりません。

Dscf0479


このオイルドレンの無いタイプってオイル交換要らないのかな???組む時封入してるんだろうけどそんなめんどくさい事できないよなーーー

程度は良かったけどオーガーベルト交換。

Dscf0464

ホンダはフリクションのシャフトがスプラインになってたのが新鮮だった。

あとタンクに穴開いてるみたいで漏れ漏れなので他の55から借りました。

あっさり復活。

のはずがドナドナ当日の朝にサブミッションの不良が発覚

バックから一速に入れるとカラカラーっと空転しちゃう。

あせって他の55からサブミッション借りてドナドナされていきました。

びっくりしたよ。写真とるの忘れたものww

調子もよくなって無事ドナドナされていきました。めでたしめでたし

備忘録

走行ベルトSA29

オーガーベルトSB32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

ヤマハYSM560

初のヤマハ

Img_0130

もちろんエンジン不動。左クローラー欠品。

程度悪し。

エンジンはキャブえお掃除したらあっさり始動。

Img_0125


フリクション関係は特に問題なさそう。ただシフトの爪が当初フリクションプレートから外れていて走行不能になってました。なんかが曲がってるのか磨耗してるのか良くわからないが節度感がとても悪い。

Img_0127


Img_0122


オーガーハウジングの下部も痛みが大きい。ベルト類も磨耗が進みオーガーは回りません。走行は一応機能します。クローラーかたっぽ無いので走りはしませんが・・

タンクの中身やエンジン、オーガーの刃などはいけるようなので同型機をお持ちの方に適価で引き取られていきました。

お金掛けるほど新しい機体じゃないしクローラーは買えません。ヤマハはクローラーがネックになる印象です。それ以外は中古部品も多く出回ってるので再生は割りと容易でしょうね。

初めてのヤマハは復活できませんでした。ショボーンです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤンマーYSR5Z

Dscf0228

割と程度ヨシ。一応エンジン不動

キャブレターをチョロチョロっ

と掃除してすぐ掛かるようになる。

Dscf0205

ベルトの具合もヨシ

Dscf0219


フリクションもヨシ。

各シャフトの付け根から茶色いサビが出ていないのでベアリングも大丈夫だろうと予想して無点検w

エンジンオイルはもちろん交換したがオーガーギヤのオイルをどうやったらいいのかがわからん

Dscf0220


ドレンが見当たらないので三角の蓋を外してそっからオイル出るまでギヤオイル入れといた。

あっさり復活かと思ったが何だかエンジンの調子が悪い・・・・

プラグも一応清掃したんだが普通のBタイプが付いていた。この車両はカワサキのFG200というエンジンが乗っかっている。チョット調べたらBPタイプが標準になっているようだ。プラグを替えたら快調になりました。

この手の産業用エンジンはなんでか適当なプラグが付いていることがたまにある。

Dscf0242

セルなしだがとても掛かりがいい。オマケに割りと静かなエンジンである。

ヤンマーYSR60以降と違い変速レバーでフリクションが切れます。その為とても操作しやすい。あんまり調子いいんで自宅用になりましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

白石工機ファームローダー

Dscf0009

これである。

白石工機ファームローダーSL-2s かなりの骨董品ですなw

キーも無く動作一切不明と言うことで入庫

動かせないと不便なので一応動くようにしてみる。

Dscf0048


まずセルが回ってくれないとどうもこうも無いので配線を適当に作ります。

Dscf0016


なぜだかバッテリーは元気でビュンビュン回ります。なんだか怪しいww

ガソリン入れたところガソリンダダ漏れww仕方ないのでキャブレターを分解

Dscf0020


酷いなw

こんな状態でも一応通路を通すと何とかエンジン掛かるようになる。

産業用エンジンのタフさには感心通り越してあきれるww

一応動くようになったので移動が楽になった。

この時代の除雪機は現代の物とは構造というか構成が全く違っていて面白い。重機に近い感じとでも言うのかな。ミッションに全部乗っかってる。さらに駆動輪が直接重量を受ける構造。

なんかすげえ。

どうしようかと思っていたらどうしても欲しいと言う人が現れた。

話を聞くとこの方は機械屋さんで自分の住んでる地域には古い機械がほとんど無く自分の機械に対する好奇心を満たすためにどうしても欲しいんだーなんだかカッコいいから運賃掛かってもイイから欲しいんです。と言われるので分解して木枠にいれて送りました。

状態は詳しく話してあるのですが状態が状態なもので申し訳ない気持ちになった。

まあ喜んでたようなので結果オーライだということにしよう。ウン

関係ないがこのギヤ式ミッションの古い除雪機  重量もあるのでプラウ式に改造してもいいかもしれないと思ったりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

YSR60X

またヤンマーです。エンジン始動せずで入庫

Dscf0756
エンジン掛からない以外はそれ程状態は悪くないです。

Dscf0752

キャブレターと燃料フィルターを掃除してハイ始動w

で通常整備

Dscf0754

ベルト異常なし クラッチで低速高速と選べます。移動時は高速で走るとGood

Dscf0751

フリクションも異常なし 前回の60Sも全くココは異常が無くてヤンマー製はタフだなーと思う。

スズキやヤナセはここがウイークポイントだもんなー

Dscf0757


オーガーギヤのオイルも替えますもちろんエンジンオイルも5W-30が指定です。

めんどくさいのでやはり塗装はしませんww

Dscf0759_2

シューターは二段

中々イイ機体じゃないかなと思います。操作もしやすいし。

バッテリーはやはり次のオーナーさんに用意してもらいますか。

完成です。中々いい調子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)

ヤンマーYSR60S

エンジン掛かりません。掛かってもオーガー回りません。ということで入庫したYSR60S

Img_1552

それ程サビも酷くなくまあまあな状態に見えます。

Img_1557


オーガーのベルトは切れていました。まあそうだろうなぁ~と言う感じ。

走行ベルトも痛んでいたので合わせて発注です。

キャブレターをOHしてプラグを交換します。

エンジンオイルも交換5W-30が指定です。

Img_1560


フリクション関係を点検します。特に痛みも無く無問題でした。立てたついでにオーガーギアオイルも抜いて交換。

大体の場合このフリクションディスクの接触がケーブルが伸びて接触しっぱなしになってるので調整します。クラッチを切ったときに離れるようにします。適正に調整されると変速レバーが軽くなり操作がとてもしやすくなりますし押し歩きが簡単になります。

ベルト入荷後あちこち給油してベルトガイドやクローラーの張りなんかも調整して完成です。

自分の場合はきりが無いのであまり塗装はしません。

バッテリーは交換時期のようです。

バッテリーについては安い物からGSユアサなどのものまで5000~15000ほどします。安い物を買って1~2年で交換ってのも有りだなと思います。ここら当りは次のオーナーさんに選んでもらうのが良いかと思います。

Img_1611


快調です。

備忘録

ベルト SA33

     SB28

プラグ B4-H

バッテリー YB18L-A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧